南国物語

5号機の南国物語スロットは、1ゲームあたりの純増枚数約 2.9 枚の擬似ボーナス『南国ボーナス』を 32 ゲーム以内にループさせることで、出玉を増やす AT 機です。

南国物語スロットの『南国ボーナス』は、下記の当選契機となります。

  • 通常時、各小役成立時の『南国ボーナス』抽選に当選
  • 規定ゲーム数消化による『南国ボーナス』抽選に当選
  • 天井到達ゲーム数到達による『南国ボーナス』当選

南国物語スロットの通常時は、毎ゲーム全役で『南国ボーナス』の抽選を行っております。 南国チェリー、中段チェリー、南国目の3役が成立した際は、『南国ボーナス』の BIG CHANCE が確定となります。

南国物語スロットの朝一は、約7割で天井到達ゲーム数が 759 ゲームに短縮されることだけ頭に入れておこう

南国物語スロットの設定変更時は、前日の天井到達ゲーム数と内部モードが再抽選され、告知タイプとパチランラン表示はリセットとなります。

南国物語スロットの設定変更時の天井到達ゲーム数は、約7割で 759 ゲームで『南国物ボーナス』当選と短縮されていますが、通常の天井到達ゲーム数が 996 ゲームなので、大幅に短縮というわけではありません。

設定変更時の天井到達ゲーム数の振り分け
ゲーム数 全設定共通
8G 1.0%
16 G 1.0%
28 G 1.0%
759 G 72.0%
996 G 25.0%

また南国物語スロットの設定変更時は、奇数設定(設定 1/3/5 )が偶数設定(設定 2/4/6 )より『南国ボーナス』初当たり率が高くなる高モードに移行しやすいという特徴があります。

南国物語スロットの朝一は、奇数設定(設定 1/3/5 )の場合、モード移行期待度が約 21.8 %の初当たりモードDに移行すると、設定1の初当たり率が 1/370 から 1/174 になる可能性があります。
また、もし初当たりモードDに移行した場合、天井到達ゲーム数も 333 ゲームに短縮されます。

ですので南国物語スロットの朝一は、とりあえず 333 ゲームまで粘ってみましょう。

そして、333 ゲームで『南国ボーナス』に当選しなかったからやめる場合はいいのですが、500 ゲーム以上追ってしまった場合は、759 ゲームで天井到達する可能性が高いので、そのまま続行した方がいいでしょう。

また南国物語スロットの電源の OFF/ON 時は、天井到達ゲーム数を引き継ぐので、その場合は宵越し天井狙いも可能となります。

スロット初心者講座【南国物語編】その1

宵越し天井狙いとは、当日にボーナスや AT、ART を1回も引いておらず、前日のハマりゲーム数をそのまま引き継いだ状態の台の天井を狙う立ち回りです。

南国物語スロットは、の電源 ON/OFF 時は、前日のゲーム数を引き継ぎます。

南国物語スロットは、通常状態 996 ゲーム消化で天井到達となるので、もし前日から引き継いだゲーム数が 996 ゲームに近いゲーム数なら、天井に到達するまで打ってみましょう。

南国物語スロットのゾーン狙いの本命は 759 ゲーム付近

南国物語スロットは、さきほどもご紹介しましたが " 規定ゲーム数消化 " (ゲーム数解除)によって『南国ボーナス』に当選する場合もあります。

南国物語スロットの『南国ボーナス』に当選する規定ゲーム数は、7種類ある初当たりモードのうち、どのモードに滞在しているかで、『南国ボーナス』に当選するゲーム数が変わってきます。

ゲーム数 備考・注意点
32 ~ 76 G 32 ~ 76 Gのゾーンで『南国ボーナス』に当選すると、50 %で BIG CHANCE 確定となります
222 G 『蝶ときめきゾーン』終了時の 25 %で当選する引き戻しゲーム数です
333 G 初当たりモードD滞在時の天井到達ゲーム数です
設定変更時の初当たりモードD移行率は、奇数設定(設定 1/3/5 )で 21.8 %、偶数設定(設定 2/4/6 )で 11.0 %です
759 G 滞在モードに関係なく 759 Gに到達した時点で、『南国ボーナス』抽選を行うゲーム数です
※『南国ボーナス』当選期待度は 50 %です

南国物語スロットでゾーン狙いをするならば、下記の3つのゾーンです。

  1. 0~ 76 ゲーム間のゾーン狙い
  2. 222 ゲーム付近のゾーン狙い(※ ただしボーナス履歴で前ボーナスが BIG CHANCE と確認できたときのみ)
  3. 759 ゲーム付近のゾーン狙い

といいましても、南国物語スロットのゲーム性自体、連チャンしてなんぼの台なので1番目の 76 ゲーム以内の空き台は、ほぼないと思います。
本命は、759 ゲーム付近のゾーン狙いで、759 ゲームで『南国』ボーナスに当選しなくても 996 ゲームで天井到達となるので、そのまま追う価値はあります。

南国物語スロットの天井狙いは 759 ゲームをカバーした 650 ゲーム前後がベスト

南国物語スロットには、天井機能を搭載しており、通常状態で 996 ゲーム消化すると天井到達となり『南国ボーナス』当選が確定となります。

現段階( 2016 年5月 12 日)では、天井の恩恵が『南国ボーナス』当選のみと、恩恵自体は乏しいです。

南国物語スロットの天井狙いをする際は、さきほどご紹介した 759 ゲーム付近のゾーンをカバーした 650 ゲームぐらいで空き台があれば、『南国ボーナス』に当選するまで打ってみましょう。

南国物語スロットのやめどきは 32 ゲーム消化後に成立したリプレイ or 3枚役

南国物語スロットのやめどきについてですが、南国物語スロットは 32 ゲーム以内に『南国ボーナス』に当選しなければ連チャンモードは終わりと、ハッキリとしてわかりやすいゲーム性です。

ですので、南国物語スロットのやめどきは 32 ゲーム、余裕があれば 76 ゲームでスパっとやめてしまいましょう。

やめどき 備考・注意点
ボーナス
終了後
32 G消化後
南国物語スロットには、32 ゲームまでに『南国ボーナス』が当選する連チャンモードを搭載しているため、32 ゲーム後のリプレイもしくは3枚役が成立した時にボーナス非当選を確認してからやめましょう
76 G消化後 南国物語スロットは 32 ~ 76 ゲームのあいだに『南国ボーナス』に当選すると 50 %で BIG CHANCE になるので、余裕があれば 76 ゲームまで打つのもアリです

南国物語スロットを朝一からゾーン狙い、天井、やめどきまでの一連の流れについてご紹介してきましたが、要約すると下記のようになります。

  • 朝一、設定変更していた場合は天井到達ゲーム数が 759 ゲームに短縮している可能性がある
  • 朝一、設定変更していた場合は、とりあえず 333 ゲームまでは粘ってみる
  • 昼からなどある程度ゲーム数が回った台を打つ場合は、天井到達も視野にいれた 650 ゲーム付近の台を探す
  • 『南国ボーナス』終了後、32 ゲーム以降に成立したリプレイ or 3枚役でボーナスに当選していなかったらやめる

スロット初心者の方が南国物語スロットを打つ際は、上記にご紹介した4つのことを頭に入れてお楽しみくださいね。