偽物語

偽物語スロットは、ボーナスと ART『倖時間』のループで出玉を増やす台です。
偽物語スロットの ART『倖時間』の突入契機は、下記の4通りとなります。

  • 自力チャンスゾーン『解呪ノ儀』中の ART 抽選に当選
  • ボーナス中の ART 抽選に当選
  • 天井ゲーム数到達による ART 当選
  • ロングフリーズ『始マリノ刻』発生

偽物語スロットの通常時は、4つのステージを行き来しており、滞在ステージにより内部状態や、自力 CZ 、ART の当選期待度が異なります。

プレミア
家ステージ 市街地
ステージ
兆し
ステージ
不吉
ステージ
学習塾跡
ステージ

また偽物語スロットの通常画面の左下にいる " 暦ランプ " は、連続演出中の点滅でレア小役を示唆しています。
もし " 暦ランプ " が点滅しているのにレア小役を否定した場合、CZ『解呪ノ儀』、CZ『和解ノ儀』、ボーナス、ART『倖時間』の可能性が高くなります。

さらに偽物語スロットの通常画面の下にある " 信号機ランプ " は、光り方によって内部状態を示唆しています。

チャンス目
出現率が通常
チャンス目
出現率が変動
高確B濃厚

偽物語の設定変更後、朝一は特筆すべきことはなし!

偽物語スロットの設定変更時は、前日の天井到達ゲーム数がリセットされ、内部状態は再抽選となります。
設定変更後の状態移行抽選は、高設定の方が CZ『解呪ノ儀』に当選しやくなっていますが、AT 機みたいに必ず当たるわけではないので、朝一を重要視する必要はないでしょう。

偽物語、設定変更後の状態移行抽選期待度の解析値

設定 通常 高確 超高確
64.8% 30.1% 5.08%
59.8% 35.2% 5.08%
54.7% 40.2% 5.08%
4 5 6 49.6% 45.3% 5.08%

偽物語スロットの朝一は、状態移行抽選先はあまりきにせず、純粋な高設定狙いや宵越し天井狙いで立ち回りましょう。

スロット初心者講座【偽物語編】その1

宵越し天井狙いとは、当日にボーナスや AT、ART を1回も引いておらず、前日のハマりゲーム数をそのまま引き継いだ状態の台の天井を狙う立ち回りです。

偽物語スロットは、設定変更時は前日のゲーム数や内部状態がリセットとなりますが、電源 ON/OFF 時は、前日のゲーム数も内部状態も引き継ぎます。

偽物語スロットは、ボーナスと ART 間 999 ゲーム消化で天井到達となるので、もし前日から引き継いだゲーム数が 999 ゲームに近いゲーム数なら、天井に到達するまで打ってみましょう。

偽物語スロットの通常時は、スイカ、チャンス目の2役に CZ『解呪ノ儀』出現の期待がもてます。
しかし高確状態に移行しなければ期待がもてないので、まずレア小役を引き " 怪異 " を画面いっぱいに散らし『兆しステージ』や『不吉ステージ』に移行することを目標としましょう。

偽物語、解呪通常状態滞在時『解呪ノ儀』出現率

設定 押し順怪異 スイカ チャンス目
0.4% 1.2% 9.0%
0.4% 1.2%
0.4% 1.2%
0.4% 3.5%
0.8% 4.7%
1.2% 5.9%

偽物語、CZ『解呪ノ儀』中はチャンス目や怪異絵柄×2がアツい模様

偽物語スロットの CZ『解呪ノ儀』は、ART 突入期待度が約 44 %、規定ゲーム数 15 ゲームの自力チャンスゾーンです。

CZ『解呪ノ儀』は、『かれんビー』と『つきひフェニックス』の2つの演出には、それぞれ3種類の背景レベルがあり、レべルが高いほど ART に当選しやすくなています。

レベル かれんビー つきひフェニックス
1(約 33 %) 暦 VS 貝木 暦 VS 影縫
2(約 50 %) ひたぎ VS 貝木 暦&忍 VS 影縫&余接
3(約 80 %) CG 画 CG 画

偽物語スロット CZ『解呪ノ儀』中は、解呪図柄×2や怪異チェリー、チャンス目が ART『倖時間』当選の期待の高い小役です。

また偽物語スロットには、怪異絵柄を『狙えナビ』がいろんな場面で出現しますが、押し順にも停止期待度があります。

低 < 中 <
中リール第1停止 右リール第1停止 左リール第1停止
1.左リール → 右リール 1.左リール → 中リール 1.右リール → 中リール
2.右リール → 左リール 2.中リール → 左リール 2.中リール → 右リール

『狙えナビ』演出で1番アツいのは、左リール第1停止時で、基本的に順押しではなくハサミ押しの方が、停止期待度が高くなります。

偽物語、ボーナス中は2つ以上の怪異絵柄を揃えるのが最低条件

偽物語スロットに搭載しているボーナスは、白7揃い、赤7揃い、白7頭異色ボーナスの3種類ですが、どの揃い方でも純増枚数は 150 枚で共通となります。

偽物語スロットには『チャンス告知』と『サイレント告知』を搭載しております

  • チャンス告知は、カットインが発生すれば怪異絵柄揃いのチャンスとなる
  • サイレント告知は、完全後告知でボーナス終了後、CZ『解呪ノ儀』や ART『倖時間』の当選合否を告知する

また偽物語スロットのボーナス中の怪異絵柄揃いは、通常時に成立したボーナス中の怪異絵柄揃いなら、CZ『解呪ノ儀』もしくは ART『倖時間』、ART中に成立したボーナスの怪異絵柄揃いなら『倍倍チャンス』当選確定です。

偽物語、ボーナス中の怪異絵柄停止時の当選期待度

解呪ノ儀
レベル
2番目のみ 1番と2番目のみ
2番と3番目のみ
3番目のみ
全部そろた
1.6% 9.8% ART確定
0.8% 2.7%
0.4% 0.8%

スロット初心者講座【偽物語編】その2

偽物語のボーナス中の怪異絵柄停止時の当選期待度に書かれている " ●番目 " とは、「狙え!」と指示がきたときに、何番目に狙った怪異絵柄が停止したかとなります。

たとえば、右→中→左の順番で怪異絵柄を狙ってけど、中リールにしか怪異絵柄が停止しなかった場合 " 2番目のみ " となります。

さらに偽物語スロットのボーナス中は、逆押しである打ち方をすると設定確定演出が出現します。

偽物語、ART中はとにかく倍倍チャンス獲得に頑張れ

偽物語スロットの ART『倖時間』は、1ゲームあたりの純増枚数 1.2 枚、1セット20 ゲームです。

ART『倖時間』終了後は『チャレンジゾーン』に突入し、左上に表示される " ●語(●ゲーム)= " がなくなるまで、毎ゲーム ART『倖時間』を抽選しています。

偽物語、引き戻しゾーン『夢ノ時間ヲ終ワらせるナ』は3ゲーム間のガチ勝負

偽物語スロットには、『チャレンジゾーン』終了後に突入する ART『倖時間』引き戻しゾーン『夢ノ時間ヲ終ワらせるナ』を搭載しています。

引き戻しゾーン『夢ノ時間ヲ終ワらせるナ』は、継続ゲーム数3ゲームとなっており、3ゲーム間でレア小役を引くと、再び ART『倖時間』突入となります。

偽物語、天井の恩恵はしょぼいというより到達しにくい

偽物語スロットには、天井機能を搭載しており、ボーナス& ART 間 999 ゲーム消化で天井到達となり、数ゲームの前兆を経て ART『倖時間』当選となります。

偽物語スロットは、ART 初当たり率が重いと言われていますが、その分ボーナス確率が軽いため(設定1で 1/199.8 )、天井に到達すること自体少ないでしょう。

また、偽物語スロットの天井の恩恵も ART『倖時間』のみとしょぼいので、積極的に狙う必要はありません。
もし 800 ゲームぐらいで空席だったらラッキー★ぐらいの感覚で OK です。

偽物語、やめどきについて

偽物語スロットのやめどきについてですが、まずスパっとやめをするなら引き戻しゾーン終了後、後ろ髪引かれやめなら引き戻しゾーン終了後の状態確認後、が妥当かと思います。

やめどき 備考・注意点
ボーナス
終了後
スパっとやめの方は、0ゲームやめで大丈夫です
後ろ髪引かれやめの方は、滞在状態が確認できるまで回しましょう
ART
終了後
スパっとやめの方は、引き戻しゾーン終了後即やめで大丈夫です
後ろ髪引かれやめの方は、滞在状態が確認できるまで回しましょう
CZ
終了後
CZ『解呪ノ儀』はループ性があるので、まだループがあるのか確認していからやめましょう