マジェスティックプリンス @ 実戦

2016 年7月4日

大変ご無沙汰しております。
今まで各機種の朝一や天井情報、解析、打ち方などは更新し続けてきましたが、私へたれ初心者自身が実戦を綴るのは、2年ぶりで少々緊張しております。

この2年間は、いろいろと山もあったり谷もあったりですが、小さな幸せを感じつつも生活しております。
もちろんスロットについても、サミータウンで最新機種を遊技したり、実際ホールではどんな機種が人気で設定を入れているのか市場調査してみたり、スロットとはほどよい距離で付き合っていました。

ただ、今まではパソコンと向き合う時間が削られてしまい、最低限の情報しかご紹介することができませんでした。
しかし今後は、パソコンと向き合う時間も増えてきたので、徐々にではありますがこうして実戦なんかも更新できればと思います。

それでは、今回はスロット『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』の実戦について綴っていきますね。

『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』自体は、私の中では絵面は苦手(ガンダム SEED やファフナーが好きな人、ごめんなさい)なのに、リアルタイムで全話放送を見た珍しいアニメです。
ではではサミータウン内のスロット『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』の実戦に行ってみましょう!!

まずサミータウン内のスロット『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』の台データの見方についてご紹介しますね。

サミータウン内『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』データカウンターの見方

表記 内容
回転数 AT 終了後からの回転数
総ゲーム数 通常時、AT継続ゲーム数などのすべてのゲーム数
BB AT 初当たり回数
REG 不明
AT AT 中に突入した「ジュリアシステム」や「パトランチャンス」、「アサルトリンゲージ」などの上乗せ特化ゾーン突入回数

実は、まだ1回しかサミータウン内の『マジェスティックプリンス』を実戦していないので、確定ではないんですが、たぶん上記で合ってるかと思います。

まず朝一についてですが、スロット『マジェスティックプリンス』は、設定変更していた場合、設定1/2/3は 1,000 ゲームに天井到達ゲノム数が短縮しています。

私の場合、249 ゲノムで AT に当選したため、設定変更しているかどうかはわからずじまいでした。

私の『マジェスティックプリンス』AT 初体験は、『ジュリアシステム』に突入したものの、1回しか突入させれず 101 ゲームで終了。

しかしですね、私の初打ちの運はこんなもんじゃ終わりませんよ!

次の AT 突入まで 433 ゲノム引っ張られましたが、ゲーム数としては 276 ゲームでの AT 突入だったので、そこまで痛くも痒くも退屈でもなく。

しかも今回の AT は、私と同じなか~まの胃腸が弱いアサギくんにしたらですね、阿呆みたいに『ジュリアシステム』に突入するし、『アサルトリンゲージ』にも突入してくれたので、いい塩梅に楽しめました。

サミータウン内マジェスティックプリンス実戦時に獲得した『アサルトリンゲージ』演出の画像です

ただね、「会いたいよ会いたいよー」って曲、聴くたびに悲しくなります。
おそらくストックがある証拠なんでしょうが、私の中での『マジェスティックプリンス』は、チームラビッツよりもチームドーベルマンの方が思いが強いので、ドーベルマンを思い出してせつなくなります。

サミータウン内マジェスティックプリンス実戦時に獲得した『パトランチャンス』演出の画像です

そんなチームドーベルマンもこんな男の子らしいことしちゃって、おばさんは微笑ましく見てしまいましたよ。

というわけで、チーム胃腸弱いの AT は、初打ちにしてはまずまずの結果を残し終了。

サミータウン内マジェスティックプリンス実戦時に AT 終了画面の画像です

この後、200 ゲームぐらいまで回し、625 ゲノムまで到達したものの当たる気配なしだったので実戦は終了。

サミータウン内『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』実戦データ

総回転数:2,367G AT:2回 BOZ:4回
AT 初当たり率 BOZ
初当たり率
実戦値 1/361.5 1/173.8
解析値 1/365.4
(設定4)
1/195.1
(設定6)
サミータウン内マジェスティックプリンス実戦時にスランプデータの画像です

というわけで、私へたれ初心者がサミータウンで実戦した『マジェスティックプリンス』ですが、はっきり言って設定はわかりません。
わからない理由としては、サンプル数が 2,000 ゲーム強と少ないことや、なんか AT 連チャンしちゃって通常時をあまり打っていないからという理由です。

ただ『マジェスティックプリンス』の AT 中は、わりと簡単に「ジュリアシステム」に突入するから楽しい!ということは確かです。
演出については、さきほども伝えた通りプレミアを引いたわけでも通常時の連続演出も大して引いていないので、アニメのシーンがどれだけ盛り込んだものかは、(上から目線ですが)これから打ち込んで査定するつもりです。

とりあえず、こんなんでも『マジェスティックプリンス』を遊技してみたいなと思った方は、ぜひお試しくださいね。