北斗の拳~転生の章~

北斗の拳~転生の章~スロットは、ATのみで出玉を増やすボーナス非搭載型機種です。
AT当選契機は、規定あべし数の消化と通常時のレア小役成立時のAT抽選に当選の2通りです。

北斗の拳~転生の章~スロットの高設定を狙うなら......

北斗の拳~転生の章~スロットの高設定を判別するためチェックすべき解析値は、AT初あたり率通常時の強チェリー合成確率の2つです。

北斗の拳~転生の章~スロットのAT初あたり率の解析値は、単純に高設定になればなるほどあたりが軽いのが特徴です。
AT初あたり率から高設定の判別をするなら、ボーダーラインとなる解析値はずばり1/300。
正直、北斗の拳~転生の章~スロットの設定1は機械割をみてもわかりますが、ミラクルを起こさない限り死亡確定な解析値なので、「ψ(*`ー´)ψ自分は強運の持ち主だから設定とかどうでもいい」と思っているスロット初心者以外は、自分の台が1/300以上の数値ならさっさと見切りをつけた方がよいかと......。

各設定 AT初当たり率 機械割
設定1 1/355.7 97.5%
設定2 1/341.6 98.8%
設定3 1/320.9 100.8%
設定4 1/279.3 105.6%
設定5 1/251.1 110.1%
設定6 1/237.6 113.1%

次に注目してほしいのが、北斗の拳~転生の章~スロットの通常時の強チェリー合成確率の解析値です。
北斗の拳~転生の章~スロットの強チェリーは、低設定からのAT直撃や天破の刻の抽選の期待が最も高い小役なので、高設定になればなるほど強チェリーの確率も高くなります。
ただ、注意してほしいことが2つ。
北斗の拳~転生の章~スロットの通常時の強チェリーの解析値は、高設定になればなるほど落ちやすくなりますが、反対に弱チェリーは高設定になればなるほど落ちにくくなります。
よって、通常時はきちんとした目押しでチェリーの強弱を判別しなければ、「(i|!゜Д゚i|!)ひやぁぁぁぁぁ」な展開を迎えます。
また、北斗の拳~転生の章~スロットの通常時の強チェリー合成確率は、設定差が生じるといえども、1日(8000G)回しても回数的には5回程度しか差はないので、あくまで参考程度で鵜のみにはしないでくださいね。

各設定 強チェリー合成確率
設定1 1/199.8
設定2 1/195.1
設定3 1/190.5
設定4 1/185.1
設定5 1/180.5
設定6 1/176.2

最後あたまの片隅のおいといて欲しいのが、北斗の拳~転生の章~スロットの天破の刻のハズレ出現時のあべし獲得数です。
天破の刻にハズレが出現した際に、400あべしを獲得できれば設定4が確定。
600あべしを獲得できれば設定6が確定となります。
といっても、たとえ設定6だったとしても、そう簡単に600あべしなんて設定看破要素は出現しないので、あくまで予備情報として頭に片隅においておきましょう。

北斗の拳~転生の章~スロットのゾーン狙いなら......

北斗の拳~転生の章~スロットのゾーン狙いで攻めるなら、基本ですが各モードの天井到達あべし数を狙うのがベストです。

まずは、北斗の拳~転生の章~スロットの天国モードの天井到達あべし数の128あべしまでのチャンスゾーン。
といっても、さすがに128あべし以内がポイポイ捨てられてるほど甘くはないと思うので、次に狙うのは256あべしまでのチャンスゾーンです。
通常Bモード滞在時の半分は、解析値上は256あべしまでに当たることになっているので、256あべしゾーンは狙う価値あり。
後の狙い目は下記のチャンスゾーンですが、北斗の拳~転生の章~スロットの通常時の小役の払い出しはチェリーの2枚とスイカの3枚と、永久的にコインを投入し続ける錯覚に襲われる傾向があるので、狙ったチャンスゾーンで当たらなければスパッとやめなければ、ずるずると負の連鎖に飲み込まれます。

あべし数 通常A 通常B
129~256あべし 16.0% 47.8%
449~576あべし 18.2% 1.2%
673~800あべし 10.4% 7.7%
801~896あべし 0.8% 26.3%
897~1120あべし 12.3%
1345~1536あべし 18.6%

北斗の拳~転生の章~のスロット初心者おすすめ度

北斗の拳~転生の章~のスロット初心者おすすめ度ですが、へたれ的には「ψ(*`ー´)ψ自分は強運の持ち主だぜ」という強者にしかおすすめできないと判断しました。

北斗の拳~転生の章~スロットが初心者におすすめできない理由は、当たりが軽くないから。
北斗の拳~転生の章~スロットは、設定6でも初あたり率の解析値が1/237.6と決して軽くはありません。
しかも、通常時はリール上ではベルが揃っていてもリプレイ扱いなので、当たるまで永遠に投資し続ける錯覚が起き、ハマればハマるほど嫌気がさします。
逆にいえば、通常時のDDT打法で目押しミスして取りこぼし続けても大打撃は受けないというメリットもありますが、高設定を判別するなら目押しミスは痛恨の極みとなるので、ある程度の目押し力も必要となります。

よって「投資額をなるべく抑えたい」「ここぞというときの運が絶望的」なスロット初心者の皆さんは、今すぐ北斗の拳~転生の章~から退散しましょう。